頻尿の原因となる OAB過活動膀胱、前立腺肥大、膀胱炎などは 一昔前は 命に関わる重篤な症状ではないので 放置をされてあった傾向があります。

しかし 現在では それらの排尿トラブルを抱えている人が 非常に多いという事がわかり その日常は 生活の質を著しく落とす傾向があるとされて 治療に踏み切る病院も多くなり エビデンスも取られています。

薬物療法の他にも 骨盤底筋を鍛えるトレーニングを治療の一環として行うなど 医療機関でも 頻尿症状の解決に向かう道筋は整ってきていると言えます。

しかしながら トイレの悩みは 本人の感情や思いというものが 非常にデリケートなところでもあり、泌尿器科へは敷居が高く お医者さんの門を叩けず 一人で悩んでいる方が多いのも現実です。

サプリメントで 頻尿が改善できたら嬉しい事です。

治療や薬を躊躇する方々に、また 治療や薬には まだ 頼りたくないという方には強い味方になるのがサプリメント

今の時代は インターネットがありますので パソコンやスマホで ちょいちょい~!と
人の目を気にする事なく 買う事ができてしまう点も好ましく。

ネット通販限定の割引なども充実していて 人気のあるところです。

サプリメントとは 健康補助食品の事。

その多くは 植物や食べ物など 自然のものから抽出された 様々な有効成分や栄養が豊富に含まれています。

薬品ではなく食品というところが 副作用などを重要視する事無く 安心できる利点です。

サプリメントを選ぶ歳に気をつけたいのは 頻尿の原因となるののは何かという事を自分で知る必要があります。

OAB過活動膀胱、前立腺肥大、膀胱炎などなど

またはそれに伴う 頻尿や夜間頻尿 尿漏れなど

症状によって また 男女の性別によって トレーニング方法や 有効な栄養成分などが違ってきますので サプリメントを作っている会社のホームページなどをよく読んで ご自分の状態に見合った ふさわしいものを選ぶようにいたしましょう。

一番大切なものは やはり含まれいる栄養成分です。

普段の食事でなかなか摂れないものが サプリメントとして ギュッと濃縮されており 毎日 簡単に 摂る事ができるのです。

頻尿や尿トラブル、前立腺肥大などに功を奏するサプリメントとは 一体、どういう栄養成分からできているのでしょうか?

頻尿サプリメント 主な主成分に採用されている栄養

主成分として 代表的なもの3つの 効果 効能をまとめてみました。

ノコギリヤシ

ノコギリパルメット(saw palmetto)はヤシの1種。ノコギリヤシやソウパルメットとも呼ばれる。

ノコギリパルメット属は単型。小さなヤシで高さ2~4mになる。幹は不規則に伸び、砂浜に密に群生するか松林・広葉樹のハンモックの下生えとして見られる。

果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。
欧州では 伝統生薬製剤の欧州指令に従い 医薬品ともなっている。
参照:Wikipedia

ペポカボチャの種子

イソサミジン

イソサミジンは、長命草とも呼ばれ 別名:牡丹防風【ぼたんぼうふう】

セリ科の大形多年草。関東以西の海岸に生える。高さ約80センチメートル。全体に白緑色。根葉は二回羽状に分かれ、ボタンの葉に似る。夏、枝先に白色の小花を密生。若葉は食用。滋養強壮に根を薬用人参の代用にする。
参照:コトバンク > デジタル大辞泉

頻尿サプリメント 採用されている栄養

主成分を軸に プラスしている有効な成分を挙げてみました。
その プラスアルファーの 栄養成分との組み合わせが 各自のサプリメントの特性・特徴となります。

シトルリン

シトルリン(Citrulline)とはアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する化合物のひとつである。1930年に日本でスイカの中から発見され、そのラテン語citrullusに因んで名づけられた。動物、特に哺乳類で広く存在する。
参照:Wikipedia

クランベリー

クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。
鶴 (crane) のベリー (berry) の意味。
一般的にはクランベリーが鶴の好物であるということに由来するとされるが、花が開く前の茎、萼、花弁が鶴の首、頭、くちばしに似ているからとする説もある。

17世紀、アメリカのイギリス系移民が名づけた。果実は非常に酸味が強く、生食には向かないが、菓子やジャム、ペミカン、クランベリージュースの原料となる。七面鳥の丸焼きに添える甘いクランベリーソースは、アメリカ合衆国とカナダの感謝祭には欠かせない。

尿路感染症に有効であるとする報告がある。ただし、無効であったとする報告も複数あり評価は定まっていない。
参照:Wikipedia

亜鉛

必須ミネラル(無機質)16種の一つ。

人体に入る亜鉛はすべて食品に由来する。
人体中では骨に多く、次いで体組織である。最も少ないのが血液であり、7 ppmに過ぎない。

体組織中では、眼球、肝臓、筋肉、腎臓、前立腺、脾臓である。体液としては精液に多い。このうち、亜鉛の貯蔵器官は骨と脾臓である。

亜鉛の排出経路は消化器が9割を占め、残りが尿と汗である。男性の場合、適度な亜鉛摂取は精子形成の増加および性欲増進の効果が見られる。

2005年版の「日本人の食事摂取基準」では、推定平均必要量:8 (6) mg/日、推奨量:9 (7) mg/日、上限量:30 (30) mg/日(数値はいずれも成人男性、かっこ内は成人女性)である。ちなみにアメリカでは、男性で11 mg/日、女性で8 mg/日が推奨されている。
参照:Wikipedia


【男性向き】頻尿対策 ベスト3【女性向き】
頻尿・夜間頻尿