泌尿器周りのといえば 主に 男女ともに 生殖機能を抱える大事な急所。

亜鉛は昔から 性ミネラルセックスミネラルと言われています。
男性の精力減退の影には亜鉛の摂取量が大きく関係してきます。

男性の頻尿には亜鉛

亜鉛は 特に男性には必須の栄養

男性も 年齢とともに無くなっていくものが

  • 男性ホルモン
  • 精力
  • 自信
  • 髪の毛…などなど

薄毛・ハゲに悩む 男性用の育毛サプリメントでも亜鉛が配合されているものが 多く使われていることで有名です。

諸外国など アメリカでは 勃起不全・前立腺肥大・精力減退の治療に亜鉛が使われていると言います。

亜鉛は 前立腺や精巣には多く含まれています
肝臓や骨、筋肉などにも含まれています。

前立腺の中の亜鉛が欠乏してくると 男性自身にも症状が出てきます。

  • 精液の濃度が薄まったり
  • 精子の数が減ったり 無くなったり

男性の 性に関わるトラブルには 亜鉛は必須の栄養と言えます。

亜鉛をたっぷりと摂取するのは何を食べればよい?

亜鉛は自分の体では生成する事ができない栄養なのです。
ですので 欠乏して症状が出てしまう前に 毎日の食べ物から補っていく必要があります。

ところが 現在、日本人の食卓は 亜鉛をとる機会が少なく 更には 亜鉛を欠乏させていく食生活が目立っていると言えます。

亜鉛が欠乏しやすいと言われる食生活

  • 外食が多いなど 偏った食事
  • インスタント食品が多いなど 健康によくない食事
  • 精製された白いものを好んで食べるパン・白米・砂糖 …などなど

亜鉛を多く含む食材

  • 牡蠣
  • レバー(特に豚)
  • うなぎの蒲焼
  • 納豆
  • 和牛もも肉
  • 豚モモ肉
  • 帆立貝
  • アーモンド・くるみ
  • 小麦全粒 …などなど

牡蠣牡蠣は 海のミルクミネラルと言われるほど栄養価が高い食品です。

男性の精力的なこと、また 女性の不妊などにも効を奏する栄養源として 現代ではサプリメントなども多く出回っています。

うなぎうなぎは 昔から男性の精力回復の食べ物として伝えられてきた事もあり

土用の丑に鰻を食べるという風習が根付いていますよね。

レバーは 肝臓や貧血、目にも良いとされている食材です。レバニラ炒
強精剤や風邪薬として 昔から使われていたニラとは相性がよく レバニラ炒めなどは

精力回復・体力増進・疲労回復・滋養強壮のメニューとして有名です。

精力をつけ 活力を取り戻せ

男性の精力と言われるもは 性的なものだけではありません。
外で戦う男の自信を推し量るものでもあるのです。

男性ホルモンの減少精力減退活力がなくなってくると 家庭や仕事、趣味などにも やる気がなくなり 生活全般に影響が及んできます。

更年期を迎えた男女は 男性ホルモン・女性ホルモンが 著しく減っていく事も大きな要因となり

自律神経の乱れや 排尿をコントロールする神経にも影響を与えてしまいます。

精力減退、男性ホルモンの減少は 前立腺の肥大にも影響を及ぼします。

まだまだ頑張れるのに 昔ほどパワーがなくなったと思える場合は レバニラ炒めや牡蠣鍋など ミネラルたっぷりの 亜鉛を多く含んだ食べ物をメニューに取り入れ

好きだ嫌いだ と言わずに 食生活も見直してみてみましょう。


水分を摂ると夜中に何度も…男性特有 トイレのお悩み解消方法とは

前立腺肥大症