• 重いものを持ったとき 尿が漏れる。
  • ふとした時や くしゃみをした時に 尿が漏れる。
  • 急に尿意を催す。間に合わなくて 尿が漏れる。

40歳を超え 更年期を境目に 女性は尿漏れ、頻尿などの尿トラブルも増えてきます。

頻尿、尿漏れ改善の骨盤底筋体操

50代~60代の女性の尿漏れ・頻尿 または 夜間頻尿などにおすすめな 骨盤底筋体操ですが テレビなどでも よく特集が組まれたりしていますよね。

骨盤底筋の特集
名前ぐらいは聞いた事はあって
効果があるのかな?
わたしにもできるかな? やってみようかな…と

気になっている方も多いのではないでしょうか。

骨盤まわりの筋肉を強くするトレーニング

頻尿は トイレの回数が頻繁に増えて 出しても少ししか出ない症状をることをいい

尿漏れは 腹圧性尿失禁、OAB活動膀胱が原因による 切迫性尿失禁などですが その二つを併せ持つ 複合性の尿失禁と 大体 3つのタイプに分類される事が多いです。

それらの尿漏れや 頻尿などの尿トラブルの症状が大変で 自力で解決できない場合は お医者さんに かかられて下さい。薬物治療と平行して行う 行動療法や

骨盤底筋体操は 医療機関でもプラスアルファーの治療として薦めてる所も多いのです。

骨盤底筋体操を行うことによって 頻尿、夜間頻尿、尿失禁などの 尿トラブルが改善した事が 多くの検証に基づき証明されており 効果も認められているからなのです。

サプリメント+骨盤底筋体操自力で解決できそうな場合や 薬治療ををためらう場合など

サプリメントなどの健康食品が充実していますので 体操と組み合わせて対処していくと効果的です。

肝心なのは 身体の中からのケアと 骨盤底筋体操などの肉体的なケアと 両方から対応していくのが 鍵となります。

そもそも 骨盤底筋体操ってなに?

骨盤底筋体操は 弱った骨盤底筋を鍛え 収縮率(のびちぢみ)を上げる為の体操で 基本となるのは 肛門や膣をキュッと 軽~~く 締める体操です。

骨盤底筋を鍛えて 収縮を良くすることで 膀胱の筋肉の排尿筋も鍛えることができ 尿道をキュッと閉める事ができ 膀胱が自分勝手に収縮する事を防ぐるようになります。

同時に 膀胱周りや下半身を強くするポーズ体制や 呼吸方法などを加えると より一層 効果的です。

骨盤底筋

骨盤底筋(こつばんていきん)は、骨盤底を構成する深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋の総称のこと。
またこれらの4つの筋が共同して 骨盤内臓を支えており、骨盤底筋と呼ばれる。
この骨盤底筋を鍛える骨盤底筋トレーニングは、加齢に伴う軽度の尿失禁の改善、予防に有効である。参照:Wikipedia

年齢によって 体の筋力なども衰えてきますが 骨盤底筋も筋肉ですので同様です。
骨盤底筋とは 子宮や膀胱など 腹部の臓器を 下から支えている筋肉の事です。

この筋肉が衰えると 支えるチカラが弱まりますので 腹部周りの臓器が下がってきて 尿道が圧迫されますので 尿漏れなどの原因になります。

骨盤底筋の筋肉の一つである 尿道括約筋という 尿道の筋肉も衰えてきます。

尿道括約筋

尿道括約筋とは 例えて言うなら ダムから水が流れてくるのを 閉めたり開けたりする水の扉のような役割をするようなもの(筋肉)です。

ここが しっかりと閉じたり開いたりしないと 尿が漏れてきたりします。

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱とは 子宮脱とも言われており 骨盤の中の臓器が 膣から飛び出してくる症状です。

その出てくる臓器によって 病気の名称が異なります。

骨盤底筋が緩んでくると 骨盤臓器脱も起こりやすくなります。

骨盤底筋体操は 約8割の人に効果がある?

骨盤底筋がきちんと働いているのか 収縮しているかどうかがわからないのですが…?
排尿の途中で 尿を止めて 自動ストップしてみてください。

自由自在に排尿を止めることができるのなら 骨盤底筋が収縮している状態ですので 問題はありません。

自由自在に排尿を止めることができない場合は 骨盤底筋が緩んでいる状態ですので 鍛える必要があります。

筋力を鍛えるのには 体操などで 筋肉自体を鍛える他には やり方はありません。

しかし 実際に 自宅で自分で 実践している方は なかなか少ないようであります。
骨盤底筋が緩んでいる状態

  • やり方がわからない。
  • こんなもので治るとは思わない。

こういった体の不具合や症状には『この○○体操が良い』などと言われても

ふーん そうなの?…で 終わることが多いですね。

積極的にやってみようと思う方は ごく少数です。高齢になればなおさらです。

普段 全く体を動かしたり運動をしない 特に 子育てが終わった主婦などは 運動とか体操とかは あまり 縁のない感覚があります。

ワタシもよく思うのですが トレーニングとか体操とかと聞くと ものすごく大変な事をしなきゃいけない…と 勝手に思い込んでしまうのですよね。

トレーニングというのは しんどい事をするのではなく 少しの事を 毎日 ちょっとだけしてみる…というふうに思いましょう。

毎日 何回もトイレに行く方が よっぽど面倒な事だと思うのです。

モニター実験では 骨盤底筋体操は きっちり行えば 約8割の人に効果があると言われています。

10人のうち8人が 頻尿や尿漏れに効果があり『もうトイレの悩みとはおさらばできる!』と言う事です。

この数字は かなり成功率が高いので やらない理由がありません。

骨盤底筋体操は 腹圧性の尿失禁には 非常に効果を発揮し、また 尿漏れを押さえて 切迫性の尿失禁に対しても有効です。骨盤臓器脱の改善、また 予防にも役立ちます。

ただし、骨盤臓器脱の重症な方は 逆効果になります。
悪化しますので この体操はしないように致しましょう。

こちらのページに 女性の頻尿対策の 骨盤底筋トレーニング 簡単なやり方を書いていますので 是非 お試しください。

自由自在に排尿を止めれているか?
という事を確かめながら 意識してやっていきましょう。

骨盤底筋を鍛える肉体的なトレーニングと 身体の中からのケアと 両方から対応していくと効果が挙がります。


かぼちゃの種子イソサジミン配合女性用サプリメント

OAB過活動膀胱