おしっこが近い。さっきトイレに行ったばかりなのに また すぐに行きたくなる。
残尿感がある。尿が全部出し切れていない。

頻尿の症状があり、排尿時に痛みを感じて しかもスッキリしない…
チクチク そわそわ…などなど という症状は膀胱炎の特徴ですが

女性の場合、まだ 若いのに頻尿という方は 膀胱炎が原因だと言う事が多いです。

膀胱炎の特徴

膀胱炎になりやすいの こんな人

現代人は 女性も男性でも 忙しすぎて 不規則な生活を強いられてる方々が多いです。

日常的に 疲労やストレスが溜まったりすると ゆっくり休んでリフレッシュするのが 回復するのに良いのですが なかなか そういう風にできるものでもありません。

そうなると
interval

季節の変わり目に体調を崩したり 風邪を引いてしまう事も 年と共に増えてきます。

  • 体の抵抗力が落ちている時は 菌にやられやすくなりますので 膀胱炎にもかかってしまいます。
  • 尿道が 清潔に保たれていない場合も 細菌が増えて繁殖しやすくまりますので 膀胱炎になりやすくなります。
  • また 仕事の関係上、尿意が起こっても なかなかトイレに行けなくて我慢をしてしまう。
  • それが日常的になっている人も 膀胱炎になってしまう という場合があります。
interval

そして 男性に比べて 女性の方が圧倒的に 膀胱炎にかかりやすいと言われます。

女性の方が 膀胱炎になりやすいのはなぜ?!

肛門の周辺や 尿道、腸の中は 色んな種類の細菌が ひしめき合って共存しています。
女性の 泌尿器の周辺に行き交じっている菌の中では 大腸菌も存在し ています。

この大腸菌は 膀胱炎の原因菌の 約 8割を占めています。

膀胱炎の原因菌 大腸菌健康状態が良ければ 通常、泌尿器周辺の細菌は おしっこを排出する事で 一緒に流されるのですが、

体の調子が悪かったり 抵抗力が弱まっていたり 不潔だったりしていると

大腸菌が何らかのタイミングで膀胱内に侵入してしまい 増殖して 膀胱粘膜に炎症を起こし 膀胱炎となってしまいます。

女性は男性に比べて 尿道が短く肛門や膣とも近い位置にあります。

膀胱までの距離も短いのでので 泌尿器周辺そこいらに滞在している菌が 膀胱に入りやすくなります。ちなみに 尿道の長さは

  • 女性が 3~4cm
  • 男性は 16~17cm

女性の方が 膀胱炎にかかりやすい大腸菌に侵されやすい というのは 体の部品の造りの違い 形状の違いから起こります。

男性の場合は 尿道が長い為 膀胱炎にはほとんどかかりません。

膀胱までの距離が 女性に比べて長いので 膀胱内に菌が侵入するより先に 尿道や 前立腺に感染してしまいます。

男性は 膀胱炎にはかかりにくいのですが 前立腺炎や尿道炎など 男性臓器特有の 泌尿器科系の病気にかかってしまいます。

膀胱炎にかかりやすい年齢はありますか?

膀胱炎にかかりやすい年代は 20歳代、50歳代、70歳代 と言われています。

20歳代は 性的な活動が 活発な年頃の故です。

昭和の時代は 20歳代のヤング層の世代の若い女性が 膀胱炎にかかる率が 群を抜いて多かったと言います。

しかし 近年、50歳代、70歳代の女性の間でも 膀胱炎に羅漢する方は増えてきているとの事。

50歳代といえば 更年期世代。

更年期障害とは 女性ホルモンの減少が著しくなってくるのに伴い それによる具合の悪くなる弊害は 多くの女性を悩ませています。
症状も多岐にわたります。

70歳代では 自分では気をつけていても

  • 尿漏れなどの排尿障害。
  • お尻もちゃんと拭けてない。
  • 尿が出にくくなる。
  • 免疫力も低下し 菌に弱くなる。

と 言う理由から 菌に感染しやすく 膀胱炎にもかかりやすくなります。

トイレトラブルの症状として 頻尿や尿漏れ、排泄困難などは 男女共に誰にでも起こりうるものです。

しかし このように 男性と女性とでは 泌尿器周辺の造型が 凸凹 異なりますので 原因や病状が違ってきますし 治療方法なども違ってくるのです。


膀胱炎スッキリ治したい!奇跡の果実 サジージュースは 200種類以上の栄養価

膀胱炎